職人 = Shoku-nin
A person who devotes their life to mastering their craft

「職人」という言葉が好きです。

I like the word “artisan” in Japanese.

「職人」という言葉が好きです。「職人」のイメージは、言葉少なに忍耐強く、信念と自信を持って自分の仕事に向き合う「仕事人」の姿です。派手ではありませんが、内からの輝きを感じます。職人の手からは、丁寧で心のこもった「何か」が生まれます。今巷で「プロフェッショナル」という言葉をよく耳にします。その道の達人にスポットライトをあてた追跡レポートとして構成されている「プロフェッショナル: 仕事の流儀」と名打ったテレビ番組がありますが、そこに登場している人達には、「プロフェッショナル」というカタカナ英語よりも、日本語の「職人」という呼び方が、もっと相応しいのではいう氣がしてなりません。番組に登場する「職人」達は、其々独自の言葉で、口を揃えて同じことを言います。「私の仕事に終わりはありません。いつも更に完璧なものを求めて仕事を続けています。」謙虚さに支えられた自信を持つ人達は、皆輝いています。

今回のカタカムナ・アートのテーマは、「しょくにん」です。 このイメージを見ながら思う事、それは、「職人」は「元氣人」であるということです。「元氣人」は、その人が生きて自分の仕事をしてくれて、有難いと思える人です。「職人」は、有名人や芸能人のような憧れの対象ではなく、人々の生活に密着した豊かさを共有できる「生きる仲間」としての存在であって欲しいと思います。

元氣人については、ビ・ゲンキ・インターナショナルのホームページをご覧下さい。


I like the word “artisan” in Japanese. The Japanese word is pronounced shoku-nin (職人) and is translated to English as an artisan or craftsman. Recently in Japan there’s an interesting documentary program called, “The Professional”. It highlights many different Japanese artisans doing their work across Japan. There aren’t many of these artisan’s left in Japan, which may be the reason why we find such fascination with their work.

The image of an artisan is a figure of few words, who is ever patient, and who takes on the work with belief and confidence. Such a person is not flashy, but shines a light that radiates from deep within. From the hands of an artisan is born a craft that emerges from a flow of thought, time and connection to self.

I resonate with the consistent message that I’ve heard time and time again from these craftsmen, “there is nothing that ends with my work, as perfection does not exist. Yet, I continue seeking perfection in my work”. The many artisans that have been highlighted in “The Professional” have expressed this same message in their own unique ways. Artisans shine a distinct confidence from a place of humility.

These artisans are “Genki People”, those who embody the Genki concept. To learn more about Genki people, check out www.begenki.org.