Consensual Leadership:
A New Way to Lead

2017年1月にカリフォルニアで開催した ヒーリングタッチ認定プログラム・レベル1で、2人のインストラクター研修生と一緒に教える機会に巡り合った。Art inspired by the horse wisdom.

In January of 2017, I welcomed two instructors-in-training to co-teach a Healing Touch class in Southern California.  It’s not often that I have the opportunity to co-teach classes; and even more rare is teaching a class with two training instructors.  Knowing the unique circumstances, I began by personally preparing for the class and was immediately filled with the desire of creating a seamless flow of energy to support the class.  With a sense of excitement this also brought forward the challenge of not knowing how exactly to make that happen.  I took a moment to close my eyes and sit quietly with my intention as I often do when I do not have a clear vision of what to do next. 

As I listened to the wisdom in the energy field, I first saw a triangle with three leaves intertwined and cocooned with an enveloping circle.  I began by free-hand drawing this with a fine tip pen.  I then reached for my beloved pastels and started to infuse the space with rainbow inspired colors extending from the core outward.  As I was experiencing the flow of this creative energy, a message from the field emerged.  It was the horse wisdom of Consensual Leadership.  I first became aware of this unique leadership model back in 2007 when I was studying Equine Facilitated Integrative Healing.  I was gifted the opportunity to study with the founder of the American Holistic Nurses Association, Charlie McGuire (1941 – 2008), at her horse ranch in Colorado.  Charlie studied with Lynda Kohanov (Founder of Eponaquest) and created an equine healing program in which human and horses work together to create a healing environment.  As stated eloquently by Linda Kohanov in Way of the Horse (2007), “Consensual leadership is not a job description, it’s an improvisation.  To be confident in your own dreams and talents while remaining responsive to the needs and gifts of others, you must check your ego at the gate.” 

I shared this wisdom and the Consensual Leadership art with my co-instructors as we met to prepare for the class.  After a lively discussion over dinner and with an excitement of our expanded awareness, we set a group intention to honor this “consensual leadership” model by setting our ego aside to equally share leadership responsibilities so together we can provide a seamless, effective learning environment.  The Consensual Leadership art was placed in the center of the class circle as a reminder for each of us to step into our leadership roles with confidence, kindness, and humility.  Throughout the class, each of us welcomed the responsibility of being in the flow of the energy and embraced this new collaborative model of Consensual Leadership.

This process was one of the most enjoyable and fulfilling experiences I have had as an instructor.  I have renewed hope that we can all embrace this collaborative, gentle and effective leadership style whenever we are called to lead the way.  My heart is filled with gratitude for this Consensual Leadership art which reminds us that it’s not competition, but rather collaboration that is the true foundation for leading the future!

2017年1月にカリフォルニアで開催した ヒーリングタッチ認定プログラム・レベル1で、2人のインストラクター研修生と一緒に教える機会に巡り合った。インストラクター研修生を迎えて教える機会はそれほど多くはないが、今回のように2人の研修生と一緒に教える機会は極めて珍しく、私にとっては初めての経験だった。二人の研修生の学びをサポートしながら、参加者の学びもしっかりとサポートしたいという思いが私の中で強く芽生えたものの、それを現実のクラスの中でどのように展開していったらよいのか、はっきりとした答えが出ていない時の事だった。いつものように次のステップがはっきりしない時に、目を閉じて「氣の声を聞く」ために瞑想をした。その瞑想の中でまず頭に浮かんだのは、3角形と3つの葉っぱがバランスよく組み合わさった形だった。そして次にそれを取り囲む円の形が現れた。そしてその通りに極細ペンでまずイメージをコンパスも定規も使わずに思いつくままに描いてみた。そしてそこにできたスペースに、指先にパステルの色を重ねながら虹色の色を真ん中から外に向けて埋めて行った。創造的なエネルギーの流れに身を任せて絵を描いている間に思い浮かんだテーマは、「コンセンシュアル・リーダーシップ」。この言葉は、アメリカホリスティック看護協会の創始者であるチャーリー・マックガイアーさんのもとで、コロラドの牧場で馬とのセラピーを学んでいた時に出会ったコンセプトだった。そのセラピーは人間と馬が協力しながら癒しの場づくりをしていくとてもユニークなセラピーで、ヒーラーとして大きな影響を受けた体験だった。「コンセンシュアル・リーダーシップとは、肩書きとしてのリーダーの役割ではなく、その場に応じた対応ができる能力と柔軟性をもって、自分の夢を大切にし自分の仕事を自信をもって遂行しながらも、周りの人達のニーズやその人らしさを大切にするリーダーの役割を意味する。そのためには、リーダーとして自分中心に物事を捉えることをしないこと。」(リンダ・コハノブ、2007)著者のコハノブ女史は、馬の世界ではこのコンセンシュアル・リーダーシップが自然に行われていて、何頭かの馬が群をなして暮らす時に絶妙なバランスを作り出している例を興味深い描写で説明している(詳しくはWay of the Horseを参照)。クラス前日、2人のインストラクター研修生と夕食を共にしながら、このパステルアートをテーブルの真ん中において、3人がお互いに尊敬し合う関係を土台として、平等な立場で受講生をサポートする為に協力し、教える責任を果たす事で、元氣な氣の流れを作り出し、自我の邪魔する事のない、安心できる学びのスペースを提供する事に合意し、最善を尽くす事を確かめ合った。絵は、2日間のクラスの間、クラスの中心におかれ、約束し合った自分たちの役割を終始思い出させてくれた。結果は言うまでもなく、私にとっては一人で教える時の何倍も楽しい時間となり、今まで以上に素晴らしいクラスの空間が出来上がった。このパステルアートが、これからの社会に求められている真のリーダーシップの基盤は、力関係に根ざした競争ではなく「協調」性に満ちたコンセンシュアル・リーダーシップであると思い出させてくれた事に感謝。

Reference (参考文献):

Kohanov, L (2007) Way of the Horse: Equine Archetypes for Self-Discovery, New World Library, Novarto, California.