A Big Fish in Kumano: Line drawing in Onigajo

私の故郷熊野には、変化に飛んだ海岸線がある。長くすーっと伸びる七里御浜があると思えば、波に削られたダイナミックな鬼ケ城と呼ばれる岸壁もある。台風の影響で長い間通行止めになっていた鬼ケ城の遊歩道が、今やっと全長歩けるようになったと聞いて、本当に何十年ぶりかで遊歩道散歩に出かけた。眼下の絶壁の下に打ち寄せる荒波に足元を救われれそうな錯覚を感じ、少し怖かったけれど、ゆったりと氣の向くままに歩いた遊歩道の散歩は楽しかった。そこでのイメージを線画で表わそうとしたら、やっぱり大魚が出てきた。そしてこの時のメッセージは、大魚は海、そして大自然そのものである事。個体としての大魚を想像していた私の感覚が一挙に広がった!まだまだ壁画は描かせてもらえそうにないが、とにかく小さな旅行用のスケッチブックに線画を描いてみた。大魚との対話はまだまだ続きそうだ。

The Big Fish in the ocean actually is the nature itself.  It goes beyond the shape of a fish, fills the entire ocean and the surrounding mountains and the sky… and more…

This line drawing came through right after the walk along the rocky shore near my home called Oni-ga-jo.  Onigajo has a distinct landscape which consists of many caves and rocks curved by the waves. The name “Onigajo (Demon castle)” originates from a legend that there once lived many pirates  feared as “Demons” in this area. The place was registered as a UNESCO World Heritage site as part of “Sacred Sites and Pilgrimage Routes in the Kii Peninsula” in 2004.  My conversations with the Big Fish continues in Kumano.